家族葬に参列する際、基本となる喪服の種類

家族葬に参列する場合、最も注意しなければならないことの一つに服装があります。ブラックフォーマルであれば、どんなものでも構わないのではと思われがちですが、喪服には正喪服、準喪服、略喪服の3つのパターンがあります。

まず正喪服から説明します。どんな服装が正喪服かと言うと、男性の和装の正喪服は紋付羽織袴、洋装の正喪服はモーニングコートになります。モーニングコートとは、ジャケット、ベストは黒になり、シャツは白無地、ネクタイは黒無地、パンツは黒、もしくはグレーになり、細いストライプ模様が入ります。女性の和装の場合の正喪服は染め抜きの五つ紋のある黒無地になり、洋装ではローブモンタントを原型とする黒のワンピース、スーツ、アンサンブルです。襟元のつまった長袖のものが基本になります。

次に準喪服ですが、昨今の家族葬は喪主、参列者ともに準喪服が一般的となっています。準喪服は主に参列者が身に着けるものであり、喪主、遺族、近親者等よりも格を下げた装いになります。男性の準喪服はダブル、もしくはシングルのブラックスーツ、レギュラーカラーの白無地シャツ、黒無地のネクタイになります。女性の場合は、黒のワンピース、スーツ、アンサンブルが基本です。デザイン、スタイルは自由ですが、華美なものにならないように注意が必要です。また、スカートスーツのスカート丈はひざが隠れる長さが一般的な長さになり、ストッキングが黒、もしくはベージュを着用します。

最後は略喪服です。略喪服はお通夜、三回忌以降に着用するものになりますが、急な不幸で参列する場合は略喪服でも問題ありません。遺族に挨拶する際、急ぎ駆けつけた旨を伝え、失礼を詫びておけば、何の問題もありません。男性、女性ともに、ブラックフォーマル、ブラック系でなくても良いとされております。男性の略喪服は濃いグレー、紺、深めの色のスーツを選び、レギュラーカラーの白無地シャツ、黒、もしくは濃いグレー、紺等の無地のネクタイを結びます。女性の場合も男性同様、シックな色合いのものを選べば黒を着用しなくても構いませんが、一点だけ注意があります。必ず衿が大きく開いたものは着用しないことです。故人をしのぶ場では下着や肌を見せることはタブーとされており、マナー違反になります。どんなに急いで駆けつけても、参列する前には再び全身を顧みて、マナーに反していないかを確認した上で参列することをおすすめします。

新着情報

2018年11月09日
ホームページを更新しました。